記事一覧

結果を出すための方法はいろいろある

10月16日(金) 
ページの更新が遅れてしまって大変申し訳ありません。午前中は地元の事務所に、午後には会館に入るのですが、次から次へと人がやってくるので、なかなか落ち着いてブログを書く時間がとれません。
 さて、鳩山政権が発足してから1ヶ月がたちました。立ち上がりは国連総会での演説などおおむね順調に推移したのではないかと思っています。しかし、予算編成を控えてこれからがいよいよ正念場を迎えます。
 マニフェストで約束をした政策を実行に移さなければなりません。しかし、来年度の税収見込みは今日の新聞によれば40兆円前後と言われています。概算要求は既に90兆円を超えており、どうやって財源を確保するのか、前から言われてきたことですが、民主党の手腕が問われます。
 麻生内閣の補正予算の無駄削減を進め、その結果、ほぼ3兆円を捻出しました。来年度予算についても、必要なものだけ積み立てるという方式に予算編成を改め、徹底的に自民党政権時代に積もりに積もった無駄を削除していかなければいけません。
 国交省がやったように、まず高速道路の建設は一旦全て凍結する。そして、改めて必要なものだけ建設を許可する、そうした方法も取り入れながら大胆な経費節減をしていかなければなりません。
 私が以前書いた、リエンジニアリングの手法が参考になるのではないかと考えています。すなわち、ある一つの結果を出すための方法はいくつもあります。従来の方法の中で無駄を削除しても、最大30%程度の無駄を排除できるに過ぎません。
 ところが、発想を変えて、リエンジニアリングの手法を使って、結果を出すための方法そのものを変える。そうすると半分とか3分の1とかという画期的な削減をすることができるケースがあります。
 予算編成もこのように結果をだすための方法自体を変えていく。そうすればこれまで80兆円かけてやってきたことを40兆円で出来ることもありえます。要は、抜本的にこれまでの官僚手法そのものを見直す指示をしっかりと政治家が出すことだと思います。
 旧来の発想のままでは、結局、赤字国債を発行して、借金を増やすだけということになってしまいます。
 民主党にとって最大の問題は時間です。僅か2ヶ月ちょっとで、全面的な見直しをすることは残念ながら不可能です。したがって、まず、方針だけを徹底し、方法そのものを見直すということを霞ヶ関および、政治家に徹底することが大事だと思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー