記事一覧

顔が見える民主党外交

9月24日(木)
連休中は市川市長選に公募してくれた人の面接などを行っていました。これまで市議会議員や首長の公募を何回かしてきましたが、なかなか思うような人材が集まりませんでした。しかし、最近ではたくさんの方が応募してくれるようになりました。
 一つには民主党が人気があること、また、公募が定着したこと、さらには私のブログを見てくれる人が増えたことが原因としてあると思います。21日の月曜日に4人の方と面接をしましたが、それぞれ市川市を何とかいい街にしようと真剣に考えてきたことがよく分かりました。今週の土曜にもう一度面接をし、最終的には一般市民の方に参加をしてもらった公開討論会を行って、市長候補を決めたいと思います。
 総選挙が終わって、6区、5区としては最初の選挙になります。現職の市長は既に引退を表明していますので、何とか新しい市長で、民主党らしい市民が主役の市政が実現できればと考えています。
 この連休中は鳩山総理がニューヨークに出かけ、国連で演説をしたりオバマ大統領と会見したりしました。これまでの自民党内閣では、海外に出かけていっても、外国首脳と会うことがニュースで、発言内容がニュースになることはほとんどありません
でした。
 それが今回は、国連の演説でも二酸化炭素の削減について日本がイニシャチブをとると明言したり、日米首脳会談でも、核廃絶に向けてお互いに努力をしようと発言したりと、これまでの自民党政権の時とは段違いの存在感を見せつけました。まず、外交で政権交代したことを、内外にアッピールできたと思います。
 八ツ場ダムの問題にしても、とにかく建設が始まってしまったら途中で中止することはできないという、前例を改めることが重要です。改革をしようとして30度角度を変えてもすぐに元に戻されてしまいます。変えるときには180度回転させて、最終的に90度回転すればいいというのが本当の改革です。最初は批判がたくさんあっても、初心を貫くことが大事です。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー