記事一覧

マニフェストの評価は次の選挙のときになされるべきだ

8月10日(月)
 8日には松戸の9日には市川で事務所開きを行いました。雨が降ったり止んだりの天気でしたが、ちょうど事務所開きのときには、幸いにして雨が上がっていました。これまで以上にたくさんの方が参加してくれました。松戸事務所は昨年に続いて二度目の事務所開きとなってしまいました。
 さて、マスコミ紙上で民主、自民のマニフェストの比較が盛んに行われています。自民が何点、民主が何点、果ては公明党が何点というのまでありました。
 マニフェストは政権をとって、どこまで実行できたのかが採点の対象であって、いま提示されているのは、単なる作文に過ぎません。いくら作文がよく出来ていても、実際に実行できなければ0点です。作文の点数をつけて、どちらが優れているといったところで何の意味もないことはマスコミも分かっているはずですが、本当に不思議です。
 自民党は政権を担ってきたのですから、何もマニフェストに盛り込まなくても、これまでに本当に必要と思っていた政策であれば実効できたはずです。むしろ、なぜいままで実行できなかったのかという理由を書き込まなければ何の説得力もありません。
 どうも、選挙まであまりに時間がありすぎるので、余計な情報ばかりを流しているような気がします。選挙の最大の争点は政権交代です。民主もダメ、自民もダメなどという報道を流し続けていると、肝心の政権選択が、投票放棄につながってしまう危険性があります。非難ばかりしていても何も生まれません。

ファイル 279-1.jpg ファイル 279-2.jpg
ファイル 279-3.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー