記事一覧

失業率10%時代到来?

7月31日(金)
 早いものでもう7月が終わってしまいました。いよいよ明日から8月決戦が始まります。6区にもいろいろな人が立候補する動きがあるようですが、誰が出ようと、こちらは懸命に政権交代の必要性を訴えていくしかありません。
 来週からはスポット演説を選挙区内くまなく行っていこうと思っています。お盆までの間、選挙区を10箇所に区切り、その区域にポスティングをしながら、スポット演説を行う。昨年の夏にも実施したので、今年は二年連続のスポット&ポスティングになります。
 難点は真夏なので、どの家もクーラーをつけていて窓が開いていないことです。ボリュームを一杯にしてもなかなか家の中にいる人にまで、演説の声は聞こえません。どうしたら窓を開けて聞いていただけるか、それが悩みの種です。
 さて、民主党が自民党の4年前のマニフェストを総点検した結果を発表しました。岡田幹事長によれば、小泉改革はほとんどカンバン倒れに終わってしまった。自民党は言いっぱなしの過去の「公約」の域から脱していないとのことです。民主党のマニフェストも次の選挙のときに厳しくチェックを受けます。その時に胸を晴れるようでなければ意味がありません。
 ところで、またまた失業率が上がり5.4%と、先月より0.2%あがりました。これに雇用調整金が出ている230万人を加えると実質的な失業率は9%ということになります。さらに不況でもうパートやアルバイト探しなどを諦めてしまった、いわば潜在的な失業者を加えれば、日本の失業率は確実に米国を上回って10%を越えることは確実です。
 職がない人が10人に1人以上いる社会はとても正常な社会とは言えません。すぐに失業率を下げることは不可能でしょうから、民主党がいうように当面、職業訓練制度を充実したり、大学や専門学校で再教育ができる道を開くしか対処のしようがありません。即効薬ではありませんが、ここで再教育をしっかりとしておけば、日本全体の労働生産性を挙げる効果があることは確かです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー