記事一覧

自民党運転から民主党の運転に

7月28日(火)
 民主党のマニフェストが発表されました。これに対し、自民党やマスコミからいっせいに批判が浴びせられています。いわく、ばら撒きだ、財源が明らかでない、実現不可能だと、いいたい放題の感があります。
 マニフェストは政党が政権をとったら、こういう政策をこういう工程で、やっていくという決意を示したものです。100%実現できれば、これほどいいことはありませんが、政権を担ってから、いろいろな情勢の変化があるはずです。そうした変化の中で、どれくらい実現できたのか、まさに次の選挙で有権者が判断することです。
 政権をとる前から、マニフェストにケチをつけるのはフェアではありません。マニフェストの点検は前にもいいましたように政権党の前回のマニフェストと実績とを比較、評価するべきもので、まだ政権をとっていない政党のマニフェストについて、いまからあれこれいっても意味がないと思います。
 いま国民は自民党という運転手の車に乗っています。もう運転手は運転する体力もなくおまけに酩酊状態です。脇に新しい民主党という運転手がいます。もちろん免許をもっていますし、自民党の脇で運転をしっかりと見てきました。でも、酩酊状態の運転手は運転を変わろうとしないばかりか、新米の運転では危ないと叫んで、ハンドルにしがみついているというのがいまの状態ではないでしょうか。
 大事なのは、運転手を代わることです。どんなドライバーも初心者の時代があります。それを経て、ベテランになっていくのです。最初からハンドルを握らせなければ、いつまでたっても運転はできません。自民党に任せておけば、事故になることは必然です。なんとしても運転手を代えなければならない。それが政権交代です。どうか、迷うことなく運転手の交代を選択してください。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー