記事一覧

政権党の前回のマニフェストと実績を比較することが大事

7月23日(木)
 いよいよ長い長い選挙戦が始まりました。決戦の夏、と私は銘打ちましたが、真夏とは程遠い梅雨空の下での選挙戦となっております。今朝も八柱駅で駅立ちをしましたが、土砂降りでした。昨日の松戸駅の夕立も雨が降ったり止んだりと、冴えない天気でした。真夏の太陽が照りつけた中での選挙もたいへんですが、雨の中の選挙もたいへんです。
 さて、マニフェストについて、どうもマスコミに誤解があるようです。よく民主党のマニフェストと、自民党のマニフェストと見比べて、どちらの政党に政権を任せるか判断をしなければならないと、新聞でもテレビでも言っています。
 政権党、すなわち自民党のマニフェストと野党、民主党のマニフェストは違います。政権党は前の選挙のときのマニフェストと実際の実績とを付き合わせる作業が必要です。前の選挙、今回の場合で言えば4年前に自民党が掲げたマニフェストをしっかりと点検し、どれくらいマニフェストで掲げた政策を実現できたのかを点検する。
 そして、有権者がこれぐらい出来たのなら、もう一度政権を任せていいとか、これっきり実現できないのなら、もう任せられないという判断をするというのが本当です。
 野党はどんなマニフェストを出しても、政権を取れなければ「絵に描いた餅」ですから、前のマニフェストは比較の対象にはなりません。だから、今度のマニフェストで、これから本当の餅になる政策を提示し、次の選挙でマニフェストの評価を頂くというのが原則です。
 自民党の場合、今度だすマニフェストは、民主党と同じように次の選挙で評価されるものです。政権党の場合は前のマニフェストと今回、両方を評価しなければなりません。したがって、今回の自民党の新しいマニフェストと、民主党のマニフェストと比べるというのはおかしな話です。
 私も残念ながら4年前に自民党がマニフェストでどんな政策を出していたのか忘れてしまいましたが、マスコミが点検しないのであれば、どなたか、しっかりと点検していただけるとありがたいのですが。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー