記事一覧

決戦の夏、始まる

7月21日(火)
 今日の午後の衆議院本会議で、解散が本決まりになりました。これでやっと来月18日公示、30日投開票という日程が確定しました。
 2年前の参議院選挙で勝利をして以来、いつ選挙になってもいいように準備をしてきましたが、実に2年も待たされてしまいました。
 麻生さんは解散した、といいたいのでしょうが、実態は任期満了の選挙です。解散すら打てなかった総理として、また最後の自民党政権の総理として麻生さんは不名誉な名を残すことになるでしょう。
 前回の選挙も8月の猛暑の中で行われました。今回も同じように真夏の選挙となります。なんとしても勝ち抜いて政権交代を実現しなければなりません。
 ところで、昨日、松戸市民会館で「決戦の夏、勝利へ」と題して、私の総決起大会を開きました。市民会館のような大きな会場で集会を開くのは初めてで、どれくらいの人が集まるのかと思っていましたが、約1200人もの方が詰め掛け、立ち見の方が出るほどの盛会でした。
 私は政権交代によって、政治のリエンジニアリングをしなければいけないという話をさせていただきました。私は16年前に「日本型リエンジニアリング」という本を書きました。リエンジニアリングとは全てのことをゼロから見直すということです。
 自民党政治の中で壊されてしまった社会保障制度を再構築し、生活をよくすることによって景気を回復させる、少子高齢化社会という自民党の未来図に変わり、子育て支援によって、少子化に歯止めをかける、また、米国頼りの外交から、日本の自主外交に切り替えなければならないという話をしました。
 次いで、菅直人代表代行が、明治維新のときにしたことと逆のことを今回はしなければならない、すなわち、明治政府は中央集権で近代化を達成したが、今回は地方分権を徹底することで、官僚支配の政治から国民主導の政治に変えていかなければいけない、という話をしていただきました。
 決起集会は6時から7時半まで行い、たくさんの方から励ましを頂きました。
 今日から本当の選挙戦が始まります。是非、事務所に寄って頂き、選挙をお手伝い頂きますようお願い致します。

ファイル 273-1.jpgファイル 273-2.jpg
ファイル 273-3.jpgファイル 273-4.jpg
ファイル 273-5.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー