記事一覧

都議選圧勝、政権交代への流れ加速

7月13日(月)
 都議選は民主党が第一党に躍進しました。当選した人数だけ見ると、大勝のようには見えないかもしれませんが、民主党の候補が殆ど上位当選を果たしており、中身は圧勝でした。
一番の注目は投票率が高かったことです。前回を10%以上も上回りました。都議会議員は都民からは遠い存在で、どうしても投票率は低くなりがちです。それが今回は高くなったということは、都民が衆議院選挙の前哨戦と位置づけていたからに他なりません。
 したがって、この結果は直に衆議院選挙の結果に結びつくものと思っております。東京都が全国の傾向を表すものではありませんが、この間の一連の首長選挙の結果をみれば、もう政権交代への流れは止めようがないものと確信しています。この勢いですぐにも選挙をやりたいものです。
 しかし、自民党内には、まだ麻生降ろしをする動きがあります。麻生さんは国民が選んだ総理ではありません。自民党の議員が選んだ総理です。自分で選んだ人を降ろそうというのは、天につばすることです。
 もし、麻生さんがダメだというなら、最低でも自民党を離党し、自分で新党を作るくらいの気概がなければいけません。しかし、ただ、御身大事で騒いでいるだけで、そんな人はいまの自民党には一人も残っていないようです。
 テレビで麻生降ろしをしている人をみると、国民どころか自民党も見ていず、ただテレビにでれば、多少なりとも選挙に有利になるのではないかと考えているのがミエミエです。こんなことでテレビにでれば、かえって不利になるということすら分かっていないようです。その結果もまもなくでます。
 マスコミの論調も、これ以上、解散を先延ばしするべきではない、ということで一致しています。いよいよ決着のときが迫ってきました。
 ここまで書いたところで、麻生総理が21日解散、8月30日投票という日程を決めたとニュースが流れました。与党では合意したということですが、本当に麻生さんの手で解散できるのかどうか、今夕、民主党が不信任案を出すことについて、自民党がどうでるのかなどもみなければなりません。しかし、これで、8月以降の選挙はなくなったとみていいでしょう。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー