記事一覧

麻生さん、もう退陣しか道はありません

6月30日(火)
 自民党の迷走、麻生さんの混乱が止まりません。一体自民党はどうなってしまったのでしょうか。本当に、この政党がほぼ半世紀にも渡って日本を支配してきたかと思うと、暗澹たる気持ちになります。
 もっと早く政権交代が実現していれば、いまごろこんな酷い状況にはならなかったはずです。将来の展望どころか、自分の姿すら見えなくなってしまった自民党がいまだに日本の舵取りを握っているのですから、国民はたまったものではありません。
 もう麻生さんのことを言うことすら疲れてしまいましたが、依然としてまだ麻生さんが総理の座に座っている限り、批判をせざるを得ません。自分の言ったことに一切責任を持たない、解散時期も含めて全く決断ができない、一体何のためにこの人は政治家になったのでしょうか。
 まさに家業として祖父の代からの政治家を継いだ以外のナニモノでもありません。会社のほうでは麻生さんが政治家になって、これで潰れないですんだと胸を撫で下ろしたそうですが、そんな人を政界に送られたのでは本当に迷惑です。
 自民党はまだタレントを支持率アップのために活用することを画策しているようです。第二の刺客騒動にもっていこうという意図がミエミエです。どこかの新興政党なら分からないでもないですが、老舗の自民党がこんなことをすれば、自分で自分たちの歴史を否定するようなものです。
 麻生さんに残された道はもう辞任しかありません。民主党にすれば麻生さんが残ってくれたほうが選挙は戦いやすいですが、そんなことはいってられません。内閣が機能しなくなっている。いま日本に非常事態が起こったら、政府が何も手が打てず、国民の生命、財産が危機に晒されます。危機を回避するためにも、速やかな退陣が必要です。
 そして民主党を中心とした選挙管理内閣を作り、直ちに解散するしか、いまの日本を救う道はありません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー