記事一覧

盛り上がった松戸市立病院シンポジウム

6月9日(火)
 7日に松戸商工会議所で松戸市立病院移転に関するシンポジウムを開きました。地域のテーマでシンポジウムを開いたのは初めてで、しかも有料というのも初めてでしたが、たくさんの方に参加していただき、熱い討論会になりました。
 市側からこれまでの経緯について説明をしてもらった後、元朝日新聞編集委員の田辺功さんに講演をしていただき、その後、参加者全員で松戸市立病院をどうしたらいいのかについて、自由討論を行いました。
 病院を移転するには多額の費用がかかります。現在の市立病院は耐震性から問題があり、どうしても建替えなければならないという事情があります。松戸市には新東京病院、千葉西病院など大きな総合病院があります。建設予定地となっている東松戸は市の中心部からは遠く、周辺もまだあまり開けていません。いまの市立病院を民間病院に売却したいと市は考えているようですが、見通しは立っていません。
 これらのことを勘案しながら議論は進められました。3時間を越えても、発言が相次ぎ、市民の皆様の関心の高さと熱心さに感動しました。全ての問題について、これくらいの関心を持っていただければ、随分と行政も政治もよくなると思いました。
 市民の皆様には今度の移転は自分たちの意見を十分に聞かないうちに決められてしまったという不満があることがわかりました。本来であれば市が、もっと積極的に、このようなシンポジウムを開いて市民の意見を吸収しなければいけないところですが、残念ながらそういう試みは、ほとんどありませんでした。
 また、市をチェックする立場にある市議会が十全に機能していなかったことも、今度の問題で浮き彫りにされました。
 これまで民主党として市立病院について意見をまとめたことはありません。今回もあくまで市民の皆様の判断材料を提供するということでこの会を開きました。しかし、これだけ移転について異論があるのですから、今後、民主党としてもしっかりと意見をまとめて提示する必要があると思いました。 
 ところで全く関係がありませんが、今日は私の娘の20歳の誕生日です。

ファイル 254-1.jpg ファイル 254-2.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー