記事一覧

解散もできなかった麻生総理

6月2日(火)
 結局、会期は55日間延長されました。麻生さんは一体何を考えているのか、いや全く考えもなく、ただただ総理という座に執着しているだけ、というのが本当のところでしょう。なんとも情けない総理です。
 最初は、政局より政策といっておきながら、最後まで政局がらみでずっと解散を先延ばしにし、この期に及んで、景気がよくなれば流れが変るかもしれないと、未練たらしくまた、会期を延長しました。
 麻生さんは再三、解散は私が決めると発言していますが、本来、総理の解散権を憲法で規定しているわけではありません。あくまで、天皇の国事行為として解散が決められており、それを総理が助言、承認しているだけの話です。
 憲法は国会を国権の最高機関と定めています。その国会を行政府の長である総理大臣が解散するというのは本来できないと、昔から憲法論議があるところです。それを最初から自分に解散権があるといい続けているのは、おかしいと思います。
 でも、もうここまでくれば、解散ではなく任期満了となんら代わることはありません。麻生さんは戦後二人目の解散ができなかった総理ということになります。こんな不名誉なことで名を残すなんて惨めなものです。
 いずれにせよ、これで選挙は9月6日投票までありということになってしまいました。自民党としてはできるだけ長引かせたいのでしょうが、8月末とか9月初めでは、お盆に選挙運動をしなければなりません。静かに祖先の霊を弔うときに、大きなマイクで選挙運動をさせるというのでは、さぞご先祖様もお怒りのことと思います。
 いくら麻生さんでもそこまではしないと思いますので、私は8月9日あるいは2日が投票日になると考えています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー