記事一覧

いまこそ麻生内閣に不信任案を

5月29日(金)
 国会の会期が60日間延長されるようです。これで、7月選挙はなくなり、8月あるいは9月の選挙が想定されるということです。
 レイムダック状態に陥っている麻生内閣が、ずるずると解散を引き延ばし、国政は停滞したまま、こんなことが許されるのでしょうか。
 ただ、引き延ばしのために無理やり補正予算を組んでみたり、課題を出すだけの目的で厚生労働省の分割を言い出し、昨日にはそれを撤回と、もう政権の体をなしていません。省庁を分割するような重要な問題は、政権末期にドタバタでやるべきことではありません。もっと腰を落ち着けてやるべきです。
 政権末期といっても、本予算が決まり、補正予算が成立をしましたから、予算は着々と執行され、どんどん無駄な出費はかさむ。結局、その付けは全て国民に回ってきます。
 そんな中、民主党の動きが見えません。これほど国民を無視して居直りを続けている麻生内閣にきちっと内閣不信任案をいまこそ提出するべきです。国会での反麻生の動きが何も見えないのでは、自民党のいいなりの国会運営になってしまいます。
 麻生内閣としてはもう打つ手はありませんから、ただひたすら解散を先延ばしし、また第二の“小沢事件”が起こるのを待っているというのが本音でしょう。100年に一度の不況といいながら、何もしないで、ただ延命だけに策を弄している。これだけでも十分、不信任に値します。民主党は毅然として、いまこそ麻生内閣不信任案を提出するべきです。
 山岡国対委員長にもこの旨、今日、きちんと提言をしておきました。近々、民主党国対が動き出すことを期待しています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー