記事一覧

インフルエンザまで政権延命に利用?

5月1日(金)
 今年はいつから連休になっているのか、中々分かりづらくなっています。今週も毎日、地元廻りをしていますが、今日は在宅の方が多かったような気がします。
 例年ですと、マスコミはこの時期、行楽地はこんなに賑わっていますと連日騒ぐのですが、今年は豚インフル一色となっています。高校生がインフルエンザに罹ったといって、これほど騒ぐことでしょうか。もう快方に向かっている高校生がいる病院にまでマスコミが押しかけ、中継をするというのはいくらなんでもやり過ぎではないでしょうか。
 冷静にと呼びかけている政府がもっとも冷静さを欠いているように思います。こんなことでは、本当に危機になったとき、冷静に対処できるのか極めて疑問です。大騒ぎして、政府はやっている、やっていると宣伝をしているように見えるのは私だけでしょうか。
 豚インフルは現時点では毒性の弱いものであり、普通のインフルエンザとあまり変わりはありません。感染力が普通のインフルエンザより強いのか弱いのか、それがポイントだと思います。普通のインフルと同程度の感染力なら、それほど騒ぐ必要はないと思います。前回も言いましたが、問題なのはこのインフルが突然変異をしたときです。
 いまやるべきことは、そうした緊急事態に備えることであり、現時点で騒ぎすぎれば、いざというときに役に立ちません。
 自民党はインフルが終わるまで選挙を先延ばしするなどという話がでているように報道されました。なんでもかんでも選挙を先送りし、一日でも長く自民党政権を続けていたいというだけの話のように思います。
 選挙先延ばしの口実に使われた「100年に一度の不況」も言葉だけで、十分対処できず、結局、選挙は延びたものの、もっとも大きな影響を日本は受けてしまいました。もう口先政治を終わりにしなければなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー