記事一覧

民主党への風向きが再び変わった

4月20日(月)
 この土日に選挙区内で街宣活動を行いました。土曜日が市川から松戸へ、日曜日には逆に松戸から市川へと回りました。
 先週までは駅立ちをしても街宣をしてもかつてのような手ごたえがなく、酷い逆風というのではないとしても、あまりいい風むきではないなという感じをもっていました。
 しかし、昨日一昨日は、反応が明らかに違いました。何より私たちの新聞を受け取る数が小沢問題が発覚する前と同じかむしろ増えました。土曜日など用意した新聞が予定時間内に全てなくなってしまうほどでした。
 また、立ち止まって聞いてくれる人が、これまではほとんどいないというのが当たり前でしたが、昨日も一昨日もどこでも何人もの人が熱心に私の話を聞いてくれました。松戸駅でも市川駅でも40分くらい話をしましたが、最初から最後までずっと聞いてくれた人がいたことにはびっくりしました。
 民主党に対する落胆もやっと底を打ったというのが実感です。冷静に考えれば自民党が何の得点を挙げたわけでもありません。連日、麻生さんの“したり顔”をテレビで見せつけられれば、うんざりするのが当たり前です。景気対策という名の選挙対策を税金を使って行われては堪ったものではない、と私が指摘したらたくさんの人が頷いてくれました。
 自民党は財源として赤字国債・建設国債の発行と財投の埋蔵金を当てると明言しています。前者は子供たちに対する借金です。後者は先人たちが郵便貯金として貯めてきたお金の一部です。現役世代に対する負担、すなわち増税では選挙への影響が大きいからとお年寄りのいわば利子の部分を勝手に使ってしまう、こんなことは許せないとの発言にも拍手が起こりました。
 これまで聞く耳を持たなくなっていた人が、再び耳を傾けてくれるようになった。政権交代の重要性は小沢問題が起こる前と、いまとで何の違いもない、という話にも賛同の肯きを返してくれる人が多くいたことは、心強いことでした。
 民主党は底を脱しました。これからは政権交代に向けて力強く一直線に走っていかなければなりません。

ファイル 233-1.jpg ファイル 233-2.jpg

ファイル 233-3.jpg ファイル 233-4.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー