記事一覧

このままでは政権交代が危ない

4月17日(金)
 どうも民主党に元気がありません。マスコミの報道を見ても小沢代表の動向ばかりで、肝心の国会での活動が余り目に見えなくなっています。
 その間に、笑顔の麻生さんが勝手をやっても、それを批判する民主党の顔が見えないから、勝手が堂々と罷り通ってしまっています。
 本来であれば、本予算が通った途端に補正予算を出すなどというバカなことが、あっていいはずはありません。しかし、どのマスコミも補正予算の中身について論じているだけで、本予算が成立した直後に補正を出さなければならない内閣の体たらくについて、批判をしていません。
 なぜ、補正をだしたのか、去年の一次補正と今年の二次補正はいずれも麻生内閣の延命のためでした。今回の補正は明らかに選挙対策です。15兆円も使って自民党の宣伝をする、しかも財源はほとんど赤字国債。将来の子供たちからお金を借りて、自民党の延命のために使う、この本質をどうしてマスコミは批判しないのでしょうか。また、民主党もきちんと、このことについて国会の場で批判しなければいけません。
 民主党が元気がない原因ははっきりしています。代表の責任問題がくすぶっている限り、この状態から脱することはできません。では責任問題にいつ決着がつくのか。残念ながら、決着がつく見通しはありません。ということは、いつまでたっても民主党に元気が戻らないということになってしまいます。
 せっかく政権交代一歩手前まで行ったのに、この最大のチャンスを逃していいはずはありません。小沢代表も政権交代できるかどうかで自分の進退を考えると明言していたのですから、もうそろそろ判断をしなければならない時期に来ているのではないでしょうか。
 民主党は企業からの政治献金を禁止することを決めました。私も昨日の駅立ちのとき、企業からの政治献金がなくなれば、政治活動に支障がでることは確かだ。しかし、それよりも政治の信頼を回復することのほうが優先する。だから民主党はやせ我慢しても企業からの政治献金を受け取らないと説明しました。こういう決意をもっときちんと伝えなければ、民主党の将来もないし、政権交代がなければ日本の明るい未来もありません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー