記事一覧

単なるばら撒きか、将来への投資か、違いを明確に

4月10日(金)
 麻生さんは本予算が通ったばかりだというのに、またぞろ補正予算を出すそうです。一体、どこまで無駄遣いをすれば気が済むのでしょうか。国民の貴重なお金を自分の延命と選挙対策にこれほど野放図に使った総理大臣はいなかったのではないでしょうか。
 補正の規模は15兆円ですから、本予算と合わせれば100兆円を突破します。税収は45兆円程度しかありませんから、いわゆる埋蔵金を使ったとしても残りは全て赤字国債の発行で賄わなければなりません。
 その結果、戦後初めて、国債の発行額が税収を上回るという前代未聞の事態となるようだと毎日新聞は報じています。
 しかも、その内容たるや、民主党の政策を一部だけパクったようなものばかりです。子育て支援を一年だけ導入したり、太陽光パネルの学校への取り付けなど、既に民主党が提案したものばかりです。
 民主党も20兆円の景気対策を打ち出しています。自民党との違いを明確にしないと、それこそ国民には、“ばら撒き合戦”のようにとられてしまう危険性があります。
 まず、内容の違いです。例えば子育て支援にしても自民党案は一年限りの選挙対策です。しかし、民主党案は制度として導入するという点が全く違います。高速道路の料金引き下げも自民党にパクられてしまいましたが、民主党案は全ての車を無料にすることによって流通経費を劇的に引き下げるという点で質が異なっています。
 また、太陽光パネルの設置や環境対策なども出していますが、規模はぜんぜん小さく、大部分を占めているのは旧来型の公共事業です。
 民主党案は政府がまず需要を作り出すことによって、太陽光や環境をビジネスとして育成していくという点が全く違っています。
 さらに自民党案には贈与税軽減など金持ち優遇策も盛り込まれました。この内容を見れば、税金で大盤振る舞いをして少しでも自分たちの選挙に有利にしようというのがミエミエだということを厳しく指摘しなければなりません。
 一方、肝心な財源についても、民主党は特別会計240兆円を抜本的に見直すことで、赤字国債を発行しないで捻出することを約束しています。赤字国債発行で将来にツケを残すのとは全く違います。
 こうしたことを、民主党はきちんと説明しなければなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー