記事一覧

知事選の選挙結果と小沢代表の進退

3月30日(月)
 昨日、千葉県の知事選挙が行われましたが、残念ながらかなり大きな差で民主党が推薦した吉田たいら候補が負けてしまいました。ご支援、ご協力して頂いたにもかかわらず、いい結果を報告できずに申し訳ありませんでした。
 敗因はいろいろあります。まず挙げなければならないのは、民主党の候補者選びがもたついたことです。最初、違う候補を推薦しておきながら、しっかりと政策合意をしていなかったことから、後に推薦を取り消すというとんでもない事態を引き起こしました。
 本来であれば、一度推薦を取り消した失態を演じた以上、執行部が責任をとって、内部から候補をだすのが当然です。しかし、そうした努力をせずに、安易に現知事が押した候補に乗ってしまいました。
 吉田候補は知事に相応しい候補でしたが、とにかく当初のごたごたと、何と言っても出遅れが響きました。知名度がゼロの候補にとって出遅れは致命傷です。広い県内をくまなく回って、政策を訴えるには最低でも3ヶ月程度が必要ですが、今回はそれがたった一ヶ月しかありませんでした。これでは浸透のしようがありません。
 さらに選挙中に小沢代表の献金疑惑が持ち上がりました。民主党の勢いで逆転しなければならないのに、その民主党に逆風が吹いてしまったのですから、結果はおのずから明らかでした。
 私も松戸駅などで吉田候補を応援しましたが、県民の皆様が、冷めていたことが最初から気にかかっていました。そのうち盛り上がってくるだろうと期待していましたが、結局最後までしらっとした雰囲気は変わることがありませんでした。吉田候補には悪いことをしてしまったと思っています。
 ところで、小沢代表の続投決定を受けて、昨日一昨日と一斉に世論調査が行われました。小沢代表の続投について殆どの世論調査で反対65%程度、賛成25%程度という結果となりました。極めて厳しい数字です。同時に検察の捜査が公平ではないという結果も出ていますが、進退についてはそれとは別というのが世論のようです。
 したがって、小沢代表がやるべきことは、政治資金報告書に全て記載してあるという説明ですませるのではなく、きちんと使途について国民に再度説明することです。その説明に説得力があれば、小沢代表の支持も回復するはずですし、説得力がなければ、退任をしていただくしか方法はありません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー