記事一覧

小沢代表の涙の意味

3月25日(水)
 昨日、秘書の起訴を受けて小沢代表の記者会見がありました。小沢さんがあれほど疲れた顔をしているのを見たことがありません。時に目に涙を浮かべ、大変な気苦労をしているなというのが印象でした。
 事前の予想通り、起訴は政治資金規正法違反だけでした。ある時は訂正で済み、ある時は秘書の逮捕というのでは、どうみても不公正です。選挙前に検察が意図的に誰かを狙い撃ちするような前例を許さないという意味でも、昨日の時点で代表を辞任するということは考えられません。
 本心から言えば小沢代表は辞めたかったのかもしれません。しかし、悪い事例を残してはいけないという思いから続投を表明したものと思われます。したがって、私は選挙前にもタイミングを見計らって、自ら代表職を辞するのではないかと思っています。いま、職を辞すれば党内に次を巡って混乱が起こる危険性もあります。それも考慮に入れたものと推量します。
 新聞の論調を見ますと、小沢代表が職に止まったことについて、厳しい意見が出されていました。多額の政治献金を受け取っているのは事実だから、その責任をとるべきだというのが主たる主張のようです。
 私たちが民主党を創ったのは政治と金の問題に決着をつけたかったからというのがありました。したがって、民主党の体質から見れば、確かに今回の巨額献金には違和感があります。しかし、政治献金が認められている以上、額だけの問題で、次期総理と目されていた政治家の政治生命を奪っていいということにはなりません。
 かくなる上は、きちんと政治資金規正法の抜本的な改正案を出し、政権をとったら真っ先に、この改正案を成立させることです。二度とザル法と呼ばせないようにすることです。自民党政権では、まず、政治とカネにまつわる疑惑の追及から予算委員会は始まりました。私たちが政権をとったら、そんなことが二度とないようにする、それが国民に対するお詫びだと私は思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー