記事一覧

相次ぐ死刑判決について

3月19日(木)
 最近、凶悪事件で死刑判決が相次いでいます。犯行の詳細が明らかになればなるほど、犯人に対して極刑をもって望むしかないという判断がなされるのも当然というような酷い事件が多すぎます。
 実は、私は議員の時に死刑廃止議員連盟に入っていました。会長は亀井静香さんで、就任のとき、「どんな捜査でも間違いがある、冤罪が発生してしまう危険性がある限り、死刑を実行するべきではない」という趣旨の挨拶をしました。
 私自身は加賀乙彦さんの「宣告」という本を読んで、死刑囚の判決後の生活を知り、やはり死刑は残虐な刑であることを実感し、かつ国家といえども人命を奪うことはできないとの考えから、入会しました。
 しかし、余り熱心な会員ではありませんでした。それは麻原彰晃だけは許せないという気持ちがあったからです。しかし、その後も麻原に勝るとも劣らない非道な犯罪が相次ぎ、刑を実行に移すかどうかはともかく、一度は死刑判決を下し、被告をして震撼せしめなければいけないと思うようになりました。
 いまのところ死刑でなければ無期懲役です。無期とはいえ、通常15年程度で釈放されます。まさに死刑と無期では天と地ほどの違いがあります。実際、無期で釈放されてから、再び犯罪を犯す人もいますから、一定の刑期が済んだら釈放するということが正当であるかどうか、疑問です。
 そこで無期懲役ではなく、終身刑という選択があるのではないかという意見が出てきます。米国は死刑を行っている州とそうでない州がありますが、死刑がないところでは刑期を足し算して100年とか150年という判決が下されることもあり、実質的な終身刑が実行されています。欧州でも終身刑を取り入れている国があります。
 一生外にでられないで、生きていくというのもかなり残酷な刑であることは間違いありません。死刑のほうが精神的にはむしろ楽なのではないかという意見もあります。本当に難しい問題です。
 ではどうすればいいのか。お隣の韓国では、死刑を制度として廃止はしていませんが、とりあえず刑の執行を停止しています。これも参考になると思います。いずれにせよ、国連では死刑の廃止を日本に勧告しています。最近の日本は刑の執行が極めて早いペースで行われているのは確かで、ここには歯止めをかける必要があると思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー