記事一覧

現体制の権力への執着

3月13日(金)
 小沢代表の献金に関する報道が溢れています。ゼネコンから献金があっても別に違法ではないのですが、それが大きく報じられれば、あたかも不正があったように普通の人は思ってしまいます。
 また、元秘書の現職国会議員まで事情を聞かれたというと、さも、小沢代表の事務所が、事務所ぐるみで悪いことをしていたという印象を与えます。事情聴取したからといって、いちいち氏名まで発表することは普通ありません。氏名が出てくるというのは検察のリーク以外のナニモノでもありません。
 国策捜査であったかどうかは分かりませんが、この報道ぶりと、捜査のあり方が尋常でないことは確かです。政治資金規正法の虚偽記載はいわば形式犯です。通常なら訂正をすれば済む話ですし、仮に、立証するにしても書類送検です。それを捜査の範囲をゼネコン全体にまで拡大したり、秘書を一人は逮捕、一人は実名を上げての事情聴取というのは、どうみてもやりすぎです。
 これで、起訴が政治資金規正法違反だけだったとしたら、検察の狙いは、何が何でも野党第一党の党首のイメージを下げ、政権交代を阻止したいだけだったといわれても仕方のないことです。こんな恣意的な捜査が罷り通ったら、堪ったものではありません。
 その一方で、このところ麻生さんの本が売れているなど、一転して麻生さんを称えようという情報操作もなされています。権力を守る側の凄まじいまでの権力に対する執着にぞっとします。
 ところで、今日、カロライン一家の両親がフィリッピンに帰国することを決めたというニュースが流れました。このままいくと、松戸のガルシアさん一家のケースでも、同じような入管の措置が取られる危険性があります。
 確かに不法入国ですから、法律解釈からすれば強制退去となることは、やむをえません。しかし、カロラインさん一家も、ガルシアさん一家も日本で地域にもなじみ、まじめに暮らしてきました。その一家を生活基盤のない、子どもたちにとっては言葉すら通じないフィリッピンに強制送還することは、人道的観点からみても、納得できる措置ではありません。
 新聞の論調を見ても、こうしたケースでは政治的判断をして在留を許可するべきだという意見が多数でしたが、麻生内閣はそうした人道的な配慮は一切しませんでした。自分の地位を守るのに汲々として、とても他の人の人権にまで頭が回らないということでしょうか。冷たい政府、冷たい総理です。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー