記事一覧

逮捕は現体制を守るという意思表示

3月5日(木)
 3日に突然、小沢代表の公設第一秘書が逮捕されるというニュースが飛び込んできました。そして、昨日、小沢代表の記者会見が行われました。
 容疑は政治資金規正法違反です。企業からの資金管理団体への献金は禁止されており、政党または政党支部への献金のみが認められています。今回の件はごく簡単に言えば、西松建設が作ったダミーの政治団体と知りながら、資金管理団体が献金を受け取ってしまったという容疑です。
 昨日の記者会見で小沢代表が言っていたように、もし西松建設のものだと知っていたら政党支部が受け取ればよかった、というだけの話です。普通、記載ミスがあった場合は、よく新聞の二面の下の方にでていますが、訂正をすれば済む話です。それをいきなり逮捕とは、やはりそこに政治的意図を感ぜざるをえません。
 検察の捜査で、もしこれ以上の事実が出てこなかったなら、選挙を前にして、民主党に対してダメージを与えることを目的にした国策捜査だと断言できます。
 昨日今日の新聞を見ていますと、西松建設と地元の小沢事務所との関係が取沙汰されています。西松建設がダム工事の下請けを受注したとか、東北地区の土木工事は小沢事務所の意向を無視してはできないだとか、いろいろおもしろおかしく書かれています。しかし、それらの記事はあくまで噂を集めたものに過ぎません。
 これまでにも、この種の事件が起こると、あることないこと含めて、報道が溢れます。しかし、それが裁判になるなど落ち着いた頃には、事実無根のことだったということがよくありました。現在は検察の捜査を見守るしかありません。
 それにしても、この時期の捜査には疑問符がつきます。時効の問題があったとか新聞に書かれていますが、政府が3分の2の多数で衆議院で7度目の再議決をする前の日に逮捕することはないはずです。明らかに自民党の横暴から目をそらす効果があるというのを、検察が知らないはずはありません。
 検察も各官庁も、現在の自民党政権の下で体制が作られました。政権交代がなされれば現在トップにいる人たちは自分の地位が脅かされるのではとヒヤヒヤしています。それが政権交代を何としてでも阻止しなければならないという動きになっています。まさに、現在権力を握っている体制側が、体制の意思として政権交代を阻止しようとしているということです。
 今回の動きもその一部であることは間違いありません。この厚い壁を突破しない限り政権交代はありえません。もう一度、褌を締め直して総選挙に取り組んでいかなければなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー