記事一覧

「国連安全保障部隊」の設置を

2月27日(金)
 松戸では今年初めての雪が降っています。国会では来年度予算案が通過しました。これで、今日の朝日新聞社説のように、麻生さんに残された課題は解散のみとなりました。これ以上、醜い言い訳を重ねて居座ることは絶対に許されません。
 ところで、自民党が小沢代表の在日米軍削減発言について、ここぞとばかりに批判の声を上げています。
 在日米軍を削減するのは当たり前の話です。戦後60年以上も占領軍が居残っているのは日本だけです。正常な日米関係にするためには在日米軍の見直しは欠かせません。以前、鳩山幹事長は駐留なき安保を提唱しました。小沢さんの第7艦隊だけで十分だという発言も、この脈絡の中にあるものだと思います。
 かねてから小沢代表は国連重視を強調してきました。今度の発言でも国連のことに触れていればもっと分かりやすかったと思います。米国だけに安全保障を頼るのではなく、国連の安全保障機能を強化し、そこに日本の自衛隊も積極的に参加していくというのが小沢代表の持論です。
 私も国連の安全保障機能を強化することには賛成です。ただ、直接、自衛隊が参加するのではなく警察や消防、行政官などを含めた国連待機部隊を作って、そこが国連活動に積極的に参加するというのが日本には相応しいと思います。
 さて、国連には国連軍という言葉はありませんが、各国が軍隊を派遣して国際紛争を解決するための部隊を作るという規定があります。しかし、まだ、正式には一度も結成されたことがありません。そこで、国連軍ではなく「国連安全保障部隊」というのを、全ての参加国が人員やお金を出し、常に活動できるような体制にします。
 ある国の政府が軍事力を使って隣国の安全を脅かそうとしたり、人権を無視した虐待や攻撃が、政府や反政府軍によってその国の国民に加えられる恐れがある時は、国連決議を経て、速やかにこの国連安全保障部隊が出動するようにする。そうすれば、直接、国と国とがぶつかったりすることはなくなりますし、理不尽な虐殺などを放置するということもなくなります。
 私はこれに加えて、超大国を含む全ての国の武器輸出を禁止するということを国連で決定するようにこれまでにも主張してきました。大国から高性能の武器が提供されなくなれば、いまより大きな地域軍事衝突が発生する可能性はかなり少なくなります。
 また、きちんとこの国連安全保障部隊が機能するようになれば、各国が独自の軍隊を持つ必要がなくなります。オバマ大統領が言っているように、これに加えて核兵器の放棄が実現すれば、世界の安全性は飛躍的に増します。また、これまで軍事にかけてきた膨大な予算を貧困撲滅に当てることができます。とてもすぐには実現できませんが、是非、この方向に世界を持っていかなければなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー