記事一覧

民主主義の危機

2月20日(金)
 今週は中川大臣の辞任や小泉元首相の麻生批判などいろいろありました。その前には麻生さんの「実は自分は郵政民営化に反対だった」というとんでもない発言も飛び出しました。
 あまりに酷い発言が相次ぐために、すぐに前の酷い発言を忘れてしまいがちですが、どれ一つとっても本来であれば、内閣総辞職もののはずです。それがそうならないところに、いまの閉塞状況があります。
 このまま来週には麻生さんが恥さらしに米国に行きます。その後には予算が衆議院を通過し、さらには予算関連法案についての審議が始まります。国はいつも動いているのですから、国会が暇になるなどということはありません。日程をこなしていけば、自然と時間がたってしまいます。でも、ほんとうにこれでいいのでしょうか。
 国民の間にもかなりフラストレーションがたまっているはずです。民主党もただ攻めているだけではなく、きちんと解散に追い込むべく戦略を立てるべきです。そうしないと、一段落したら、今度は自民党の総裁選挙を前倒しにされ、また、新総裁が実績を上げてから選挙というように解散が延ばされてしまう可能性があります。
 自民党への失望が民主党への不信につながり、政治全体に対して国民が絶望してしまえば、その次は民主主義の危機に至るということを覚悟しなければなりません。日本は今まさに崖っぷちにたっています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー