記事一覧

日本だけが止まっている

1月23日(金)
 世の中には分からないことがたくさんありますが、最近の消費税を巡る報道はまったく理解できません。まず、3年後に麻生さんが総理でいる可能性は限りなくゼロに近い、したがって、いくら約束をしてもそれが実現される可能性はやはりゼロです。なぜ、これを報道しなければならないのでしょうか。
 また、消費税を巡って自民党から造反などでるはずもないことは選挙情勢など客観情勢から明らかだったはずです。それを、もし造反があったらどうなるという報道をして、一体どんな意味があるのでしょうか。
 そもそも、自民党が選挙もしないで、今の時点で税制や公務員制度改正を決めても、選挙結果によって、全て覆ってしまう可能性が大です。つまり自民党がいまやっていることは徒労以外のなにものでもありません。徒労を報道する意味もやはりありません。
 総選挙をしないで国会で審議を続けることは、全て無駄の上に無駄を重ねているようなものです。誰でも気づいているにもかかわらず、この経済危機のときに、麻生さんだけが自分の名誉欲のために無駄に時間を過ごしている。これは国民の信託を裏切る行為です。
 日本は止まっていても世界は動いています。無為に時間を過ごすことが、いずれ国民に大きな付けとなってかえってくることは自明のことです。マスコミもその責任の一端を担わなければなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー