記事一覧

雇用4法案を早期に成立させろ

12月18日(木)
 民主党など野党3党が提出した雇用4法案について、自民党が反対しています。反対の理由は4法案と第二次補正予算はダブっているところが多いというものです。私たちはだから第二次補正を早く出せと批判してきました。来年では間に合わないからいま緊急提出しているのに、時間がないとか、急ぎすぎとの理由で衆議院で議論にすら応じないのは、全く理解できません。
 民主党のパフォーマンスだと批判もしています。この寒空に職を失い、住宅も失う人がいる、何とかするのが政治の責任で、それをしないでしかも民主党を批判するとは全く情けない限りです。いつから自民党はこれほどダメになってしまったのでしょうか。
 大分県などでは市が緊急に雇用対策を打ち出しています。国でも国立公園の整備とか国道、国有林の整備などで人手が必要なところがあるはずです。2兆円もばら撒きに使うのではなく、雇用対策に使えば、いま解雇の憂き目にあっている人を最低1年間は救うことができるはずです。また、そういうことをするためにこそ政府は存在しています。そんなこともしないのでは、誰も税金を払わなくなってしまいます。
 国民が塗炭の苦しみにあっているというのに、自民党内は自分で選んだ総理を引き摺り下ろそうとする人がいたり、新党を立ち上げたいという人がいたりと国民生活そっちのけで混乱しています。公明党に対しても、比例票を渡すべきではないと選対委員長が発言をし、隙間風が吹いています。政府と自民党との間も消費税を巡って争いが続いています。政府と与党の混乱が国民生活の混乱に拍車をかけています。
 これ以上、混乱が続けば政治は全く機能しなくなります。民主党ももうそろそろ覚悟を決めなければなりません。このままズルズルと麻生内閣に居直りを許してはなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー