記事一覧

講演会は大盛会

12月12日(金)
 昨日、渡部恒三さんを招いて「政権交代で世直しだ」集会を松戸市民劇場で開きました。私が開催した集会では最大の約300人の方にご参会頂きました。

冒頭、私が以下の要点で約25分間お話をしました。
1.本当は11月選挙だったはず
2.自民党政権の終焉
 ・安倍、福田二人の政権投げ出し、総理の資質がないことが判明
 ・麻生が切り札だったはずだが、その麻生も先読めず、心も読めず、字も読めずで失脚
 ・自民党の賞味期限切れ 誰がやっても下野は逃れず
 ・どうして自民党がここまでダメになってしまったのか
 ・中央集権、官僚主導、二世政治、対米従属の行き詰まり
3.自民党の自壊作用が始まった
 ・このまま混乱の中で立ち枯れ
 ・新党結成して分裂
4.解散に追い込めないと民主党も痛手
 ・今度逃せば三度目、昨年の参議院選挙後、安倍政権投げ出し、福田から麻生への転換
 ・解散に追い込めない政党では政権も担えないという批判
5.どうしたら局面を打開できるのか
 ・不信任案、問責決議案、話し合い解散
 ・民主党議員の総辞職

 次いで渡部最高顧問が日本にも二大政党が必要だ、そしてやっとその時代がやってきた。民主党政権が樹立されるのは間近。総理大臣が三代にも渡って国民の信を問うていないことは異常なこと、というお話を約30分間して頂きました。
 休憩を挟んで私と渡部顧問で約20分間トークをし、その後、会場に詰め掛けた方から私と渡部顧問にたくさんの質問が寄せられました。
 熱心な質疑応答が続き、当初予定していた1時間半を30分もオーバーして盛会のうちに講演会は終了しました。会場からの質問に対し渡部顧問が「宗教は信ずること、民主主義は疑うことから始まる」とお答えになったのが印象に残りました。

ファイル 194-1.jpg ファイル 194-2.jpg

ファイル 194-3.jpg ファイル 194-4.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー