記事一覧

「先読めず、心も読めず、字も読めず」

12月5日(金)
 こんな川柳が先日、新聞に載っていました。
 もういい加減、麻生さんを話題にしたくはないのですが、総理大臣なのでそうもいきません。今度は、来年春から基礎年金の政府負担部分を3分の1から2分の1に引き上げる政府の約束を反故にすると言い出しました。来春ではなく、来年度中にやればいい、と麻生さんは言い訳しているようですが、それは違います。
 麻生さんは総理就任時に、来年春から基礎年金の負担を2分の1に引き上げると明確に発言していました。それを改めるのであれば、きちんと国民に謝罪をしなければならないところ、訳のわからない言い訳でごまかそうとしています。この人は責任という字も読めないのではないでしょうか。
 道路特定財源を一般財源化するというのも自民党の約束でした。しかし、これも反故にして、結局、すべてを公共事業に、すなわち道路建設に当てるということを決めました。これも国民との約束を破るわけですから、やはり明確な謝罪が必要です。 
 2兆円の定額給付金のばら撒きといい、またぞろ必要もない道路を景気対策と称して1兆円も作ると言い出したりと、自分たちの党の延命のために私たちの税金を勝手にばら撒かれたのではたまったものではありません。政権交代が遅れると、ますますばら撒きが酷くなると予想されます。嘆かわしい限りです。
 これから年末にかけて中小企業は資金繰りが苦しくなります。本来であれば、二次補正を出して適正に措置しなければならないところ、これも自民党の延命のために取りやめにしてしまいました。また、年末にかけて非正規社員の首切りが相次いでいます。一刻も早く緊急雇用対策を打ち出さなければならないのに、政府の動きは鈍いままです。
 国民生活を知らない、また知ろうともしない人が総理になると、いかに国民が不幸な目にあうのかというのが、今回よく分かりました。麻生さんは総理としてはもちろん、国会議員としても失格であることは明白です。きっと自分で辞めるということも分からないはずですから、内閣不信任案を出すしか方法はありません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー