記事一覧

なにやら戦前に戻ったような嫌な雰囲気

11月19日(水)
 昨日、一昨日と相次いで厚生省の事務次官経験者の自宅が襲われ、二人が殺害され、一人が重傷を負うという痛ましい事件が起こりました。犯人が特定されたわけではありませんから、断定はできませんが、年金の基礎を作った二人が狙われたことからみて、政治目的をもったテロの可能性が極めて高いと思われます。
 自分と考えが違った人間は殺してもかまわないという狂信からテロは生まれます。私たちも自民党を批判したり官僚主導を批判したりしますが、批判と非難は違います。論争というのは言葉を変えればお互いがお互いを批判するということです。その過程で議論が深まり、よりよい結論に達するというのが民主主義です。
 自分と考えが違うからといって議論もせず、抹殺するというのでは、暗黒政治になってしまいます。どんな背景があったのか今の段階では不明ですが、政治が混乱に陥っているいま、問答無用のテロが起こったことに、非常に不気味さを感じます。昭和初期のテロの時代を思い出した方も多かったのではないでしょうか。
 田母神発言で、戦前の軍部独走の恐怖を思い出し、日を置かずして、また戦前の政治テロに似た事件が起こる。なんとも嫌な感じです。昭和の時代はその後に、戦争に突入してしまいました。まさか、日本がまた戦争の道を歩みだすとは思いませんが、そうした危険な芽がもし、いま出てきつつあるとしたら、今の段階で完全に摘み取ってしまはなければなりません。情報化の時代ですから、模倣犯が出てこないとも限りません。なんとしても第三の犯罪を防がなければなりません。
 官僚のみなさんは、最善の政策を作ろうと日々努力しています。それが10年後に悪い影響を社会に与えてしまうこともあります。しかし、その責任は官僚に帰するものではありません。官僚の政策を法律にするのは政治家です。政治家が国民の意向をきちんと汲んで修正をすればいいだけの話で、責任は官僚ではなく政治家にあります。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー