記事一覧

自民党の混乱を国民生活の混乱にするな

11月17日(月)
 麻生さんがG20に出席して、存在感を発揮しようとしましたが、実力通り、何の影響力も発揮できないまま、帰国の途につきました。会議の途中で、麻生さんは予算案を上げることが第一だから、(解散は春まで行わない)と発言しました。
 つい先日までは「まず景気対策だ」と発言し、ついで「政局より政策だ」と言ってみたり「選挙で政治空白は作ってはいけない」としていたのに、目玉である第二次補正予算案をこの臨時国会に提出せず、会期も延長しないで国会を閉じてしまう方針のようです。
 これでは、「景気対策が遅れて」しまいますし、臨時国会を11月末で閉じれば来年まで「政治空白が自動的に生じて」しまいます。まさに「政策より政局」を優先し、何としても延命を図りたいという一心の惨めな政権です。
 定額給付や1兆円の地方交付金を巡る自民党内の混乱は、まさに、この党が長年持ち続けてきた政権を失わざるを得ない状況に追い込まれた末期症状を見ている気がします。徳川幕府から明治政府に移行するときにも大きな混乱が生じましたが、それほどの規模でなくても、政権が変わることは大きなことだなと感じています。
 自民党内が混乱するのは全くかまわないのですが、まだ政権党ですから、それが国民生活に波及するのが大迷惑です。延命のために変な政策をやたら実行しようとすれば、残念ながら後遺症が残ります。また、自民党の税調などが開かれていますが、選挙が終わればそうした議論も全て無駄になってしまいます。いろいろな混乱や無駄を生じさせないためにも速やかに選挙をすることが大事です。

ファイル 186-1.jpg昨日開催した市民フォーラム

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー