記事一覧

解散を迫る覚悟を

10月4日(土)
 3日衆議院解散、26日総選挙という日程で準備を進めてきました。しかし、自民党の世論調査で過半数割れが明らかになり、麻生総理がビビッてしまい、解散が先送りされる危機にあります。
 民主党は予算委員会で二日間の審議を約束せず、自民党に解散先送りの口実を与えている印象があります。補正予算を早く上げ、解散に追い込むことに全力を挙げるべきで、予算委員会で点数を上げようなどという余計な考えを捨てなければなりません。
 民主党はこれまでに2回解散、政権交代のチャンスを逃してきました。一回目は参議院選挙後の大連立騒動、二回目は今年の通常国会での問責決議案の提出時を誤ったこと、今度、解散に追い込めなければ三度目のチャンスを失うことになります。
 三度もチャンスを失ってしまえば、4度目では政権交代はできないでしょう。解散権は総理にあるなどという逃げ口上ではなく、野党として、国民の負託を受けていない総理が3人も続くのはおかしいと正論を掲げて、なんとしても解散に追い込んでいかなければいけません。
 国民も自民党政権にはほとほと飽き飽きしています。地元廻りをしても、もう自民党はだめだという声が圧倒的です。その期待に応えなければ、今度は民主党が批判にさらされるということを覚悟しなければなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー