記事一覧

やっと解散総選挙が見えた

9月8日(月)
 どうやら10月初め解散、11月上旬選挙という日程が固まりつつあるようです。自民党は総裁選挙で総裁を選び、所信表明演説、代表質問を受けてから、即座に解散する構図を描いているようです。私たち民主党は参議院選挙の後、直ちに解散をするべきだと訴えてきましたので、早期の解散は望むところです。
 しかし、今度の臨時国会は世界同時不況の中、日本経済を立て直すための補正予算を組むという大事な仕事があります。自民党は公明党の意向を受けて、ばら撒き型の補正を組もうとしています。赤字国債を発行して、ばら撒きをするべきなのかどうか、生活を立て直すために政府は何をするべきか、きちんと論議をしなければなりません。したがって、自民党は責任政党として、最低、予算委員会で補正予算を論議をしてから解散をするべきです。
 今日が民主党の代表選挙の締切日でした。小沢代表しか届出をしませんでしたから、自動的に小沢代表の三選が確定しました。相変わらず、マスコミは自民党は総裁選挙をするのに、民主党はしなかったと批判しています。
 自民党は参議院選挙の敗北を受けて安倍総理が辞め、さらに福田総理も無責任に政権を投げ出した上で、総裁選挙をせざるをえなくなりました。一方、民主党は参議院選挙を勝利に導いた代表が、そのまま衆議院選挙をするのは当たり前ということから代表を三選しました。全く状況が違うのに、選挙をやるやらないという現象面だけ捉えて批判するのは全くおかしいと思います。
 ともかく、あと二ヶ月で総選挙が実施されます。自民党総裁選挙で一時的に自民党の支持率が上がったとしても、そのあと一ヶ月ありますから、私たち民主党の政策をじっくりと訴えていけば、再び民主党への期待が強まるはずです。いまのままの政治でいいはずがありません。今度こその思いで頑張りますので、何卒宜しくお願い致します。

ファイル 169-1.jpg
本日(8日)、松戸駅にて朝立ち

ファイル 169-2.jpg ファイル 169-3.jpg
昨日(7日)の街宣 松戸駅東口(左)と西口(右)

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー