記事一覧

こんな人物しか自民党にはいないのか

9月2日(火)
 昨日、唐突に福田総理が辞任をしました。福田さんの性格からすれば、いつ政権を投げ出してもおかしくないと思っていました。しかし、一ヶ月前に内閣改造をしたので、これはズルズルと解散を先延ばしにしながら、生き延びるのだろうと判断した直後だっただけにびっくりしました。
 この時期に辞任を決意した背景には、公明党の離反があったことは間違いありません。臨時国会の開催時期を公明党のいいなりになって9月12日に決定したものの、代表質問は9月下旬でいいと言い出され、あげく定額減税まで飲まされてすっかりやる気をなくしたというのが真相ではないでしょうか。
 既に、公明党は自民党が政権政党でなくなったときに、どうしようかということしか考えていません。常に与党にいなければ、創価学会と公明党の政教分離の問題を追及されかねないという思いから、次の一手を打とうとしている公明党に嫌気がさしたということでしょう。
 昨日の会見では一応、民主党のせいで国会運営がうまくいかなかったとぼやいてみせましたが、それは自民党に対するサービスで、本音はもう公明党とは話をしたくないということでしょう。
 それにしても安倍、福田と二代に渡って、突然、政権を放り投げてしまうとは、全く呆れて物も言えません。どうしてこんな無責任な人を総理に選んだのか。逆に言えば、こんな人物しか自民党にいないということです。長期政権の“金属疲労”がここに極まったという感じです。
 自民党はまたまた、できるだけ派手に総裁選挙をして次の総理を選ぼうとしているようです。しかしもうこれ以上、自民党内の政権のたらい回しは許されません。自公政権に最早、政権を担当する能力がないことがはっきりと証明されたのですから、直ちに野党に政権を渡し、選挙管理内閣を作り、解散総選挙で民意を問うべきです。
 民主党もいよいよ正念場です。政治に対する信頼を取り戻し、国民の期待に応えられるということをしっかりと証明しなければなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー