記事一覧

アフガンの不条理

8月28日(木)
 アフガニスタンで活動していたペシャワール会の伊藤和也さんが、何者かに誘拐され射殺体で発見されました。ペシャワール会はアフガンで井戸を掘る活動をもう二十年以上に渡って展開してきた老舗のNGOで、地元に溶け込んだ活動が何度もテレビで紹介されていましたから、ご存知の方も多いと思います。
 伊藤さんはそのメンバーの一人で、子供たちが食料の心配をしなくても良くなるようにと、農業の普及活動をしていたとのことです。現地語をしゃべり、現地の人と一緒に生活をしていた、心優しい青年の命を奪うとは、本当に、なんていうことをしてくれるのかという悔しい思いでいっぱいです。
 7年ほど前にパキスタンからアフガニスタンに陸路は入ったときに、誘拐現場となったジャララバードに立ち寄りました。付近は山が連なり、ほとんど緑がなく、岩がごろごろしている土漠地帯でした。ここで農業をやることは並大抵のことではありません。それでも伊藤さんは5年間もかけてきっと少しずつ農地を増やしてき、やっと見通しがついてきた矢先に、前途を急に奪われてしまったのですから、さぞかし悔しかったに違いありません。
 ジャララバード周辺にはほとんど電気もありませんから、夜になると全く、真っ暗闇になってしまいます。私たちも夜になると強盗が出て危険だと聞かされていました。そんな危険な場所だからこそ、伊藤さんは必死になって子供たちが未来を持てるようにと頑張っていたのでしょう。残念です。
 話は変わりますが、また農水大臣に政治資金疑惑が出てきました。秘書の自宅を事務所として登録して、2345万円もの経費を計上していたとのことです。2,3,4,5を並べた数字だけ見ても、いかにいい加減かが分かります。事務所費として計上して、前の農水大臣と同じように、きっと自分が勝手に使ってしまったのでしょう。
 きちんと説明などできるはずもありませんから、遠からず太田大臣は辞職するでしょう。それにしても、福田総理はきちんと身辺整理をしたはずでも、また不祥事がでてくるとは、もう自民党に清潔な議員などいないということを物語っています。やはり、自民党はもう賞味期限が切れています。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー