記事一覧

国民の関心は民主党の代表選挙ではなく解散総選挙だ

8月20日(水)
 昨日は朝、松戸駅東口で駅立ちをし、その後、街宣車で選挙区を再び回ってきました。松戸駅の反応は以前に比べて、あまりよくはありませんでした。オリンピックの影響か、あるいはお盆休みのあとで、政治にまでまだ関心がいかないのか分かりませんが、いずれにせよ、あまりいい傾向ではありません。また、街宣での反応もキャンペーンのときに比べて鈍くなっています。油断していると、一気に流れが変わってしまう恐れもあります。
 今日の新聞によれば、代表選を実施する可能性が出てきたようです。自民党の唯一の望みが民主党の代表選挙の実施です。代表選挙を争うということになれば、お互いに違いを強調しなければなりません。自民党はそこで、すかさず、民主党はバラバラだ、そんな政党に政権を任せていいのかという批判を展開するのは間違いありません。
 新聞もごく一部を除いて政権交代を怖がっています。したがって、民主党に何かあればこぞって批判をすることは目に見えています。一般論で言えば代表選挙はした方がいいに決まっていますが、今のタイミングで代表選挙を実施することは自民党を利することはあっても民主党に何もいいことはありません。
 民主党はこれまでにもいいところまでいって直前で躓いてきました。もし代表選を実施すれば、過去の二の舞を演じてしまうのではないかと心配してしまいます。国民の関心は民主党の代表選ではなく、解散総選挙に向いています。そこを読み違えると、解散は先延ばしになり、政権交代も遠のいてしまう危険性があります。困ったものです。

ファイル 162-1.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー