記事一覧

総選挙は12月上旬か

8月12日(火)
 キャンペーン期間が終わり、通常の活動に戻りました。オリンピック期間中、また明日からお盆休みということもあって、政局も一休みといったところです。一体いつ解散になるのか、依然として先が見えません。
 解散の時期ですが、私は11月解散、12月上旬選挙ではないかと思っています。根拠は公明党が参考人招致を嫌がっているからです。矢野さんらの参考人招致が実現すれば、政教一体の実態が明らかになります。また、上納金などの問題が事実とすれば、脱税問題にも発展しかねません。そんなことになれば、公明党は解体の危機に追い込まれますし、本体の創価学会にとっても大変な問題です。都議選どころの騒ぎではありません。
 したがって、公明党としては何としても参考人招致をさせない、そのためには短期に臨時国会を終わらなければいけません。ただ、仮に臨時国会で参考人招致を阻止できたとしても、民主党は通常国会でも参考人招致を求めますから、臨時国会の終了時が解散のタイミングとしては一番だと思います。
 不確定要素としては、福田さんから麻生さんへの委譲があるのか、あるとすればいつになるのか、というのが分かりません。どういうタイミングで委譲するのか、あるいはしないまま解散をするのか、その辺がどうも見えません。
 キャンペーンを通じて感じたのは、もうみんないまの政権にはうんざりしているということです。だから、どんなに引き伸ばしても、半年以内に選挙があると思います。
 話は変わりますが、北島さんは見事でした。4年間も体力を維持し、しかも自己ベスト、世界新で金メダルをとるとは、すごい精神力です。重圧と戦いながら、自己管理をし、しかもベストを出した、ただただ感心するばかりです。みんな200メートルにも期待していますが、私としては、後は楽しんで結果は気にしないでほしいと、言いたいですね。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー