記事一覧

愛犬との別れ

7月18日(金)
 臨時国会の開催時期とか、内閣改造についてのニュースが流されています。当初、臨時国会の開催は8月中になると予想されていましたが、どうも9月にずれ込みそうです。その理由が、早く開催すると民主党に攻め込まれる恐れがあるからというのですから呆れます。
 総選挙をできるだけ先延ばししようとするなど、このところ自民党による政治の私物化が甚だしいと私は思います。政治は国民のためにするものであって、一つの政党の都合でなされるものではありません。物価高で国民が苦しんでいる中、一日も早く臨時国会を開催して対策を立てるのが政権党たる責任です。それを、自分たちに不利になるからという理由で、先延ばしする、本当に、最早自民党に政権を担う資格はありません。
 いま求められているのは、新聞で取りざたされている内閣改造ではなく、政権担当能力を失った自民党に代わって、民主党が政権をとることです。そのために、一日も早く解散をするようにマスコミがもっと書き立てなければなりません。それができないマスコミも相当劣化しているとしかいいようがありません。
 ところで、我が家で13年間一緒に暮らしてきたジョンが昨日の朝亡くなりました。四街道市に住んでいたときに、近所の原っぱで独立してくらしていたジョンを、家で飼えないかと、首輪をつけてみたのが最初の出会いでした。当初は首輪を嫌がりましたが、そのうちすっかりなれ、重要な我が家の一員となりました。以来13年、毎日、ジョンと散歩をし、会話をするのが日課となってきました。
 13歳といえば人間で言えば相当、高齢ですが、ジョンは極めて元気でした。それが、今年の5月に倒れ、その後、再び元気になってきたのですが、昨日、突然逝ってしまいました。
 犬は話をすることができないので、主に目で会話をしてきました。ジョンはいつでも控え目で、時々笑って私たちを励ましてくれました。ジョンの成長が私たちの子供の成長と重なり、いい時間を過ごすことができました。いまは寂しい気持ちで一杯です。
 ジョンと約束した、犬や猫を殺処分しないという法律を、復帰したら何としても作らなければいけないと思います。

ファイル 140-1.jpgジョン

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー