記事一覧

車の通行量が減っている

6月16日(月)
 14日には岡田副代表が松戸に来て、一緒に拡大市民フォーラムを開きました。翌15日は市川、松戸と街宣を行い、最後には松戸西口で後期高齢者医療制度の廃止を求める署名運動を行いました。また、今日は早朝、八柱駅で駅立ちを行いました。
 岡田さんはいまや“日本のゴア”と呼ばれるほど環境問題に熱心に取り組んでいます。フォーラムでも温暖化問題について、日本がいまこそ真剣に取り組まなければいけないと力説してくれました。岡田さんの講演の後、私が政権交代でしかできないことがある、というポスターのキャッチの意味について20分ほど講演をし、そのあと二人で、「岡田政権ができたら何を最初にやりたいか」などのトーク&トークを行い、最後に40分間ほど、参加者から質問を受けました。熱心な討論で、質問時間があっという間に過ぎてしまいました。
 15日の街宣でもたくさんの励ましの声を頂きました。また、今日の駅立ちでもやはりかつてないほど、新聞を受け取ってくれました。まだ、有権者は冷めていないということを実感しました。遅きに失したとはいえ、問責決議を出したことが、興味を持続させることにつながったのではないかと思います。サミット後に福田さんが退陣し、新しい総理の下に自民党が政権構想を打ち出し、早期に解散総選挙することが、日本のためにもっともいい方法だと思います。
 三日間、車で移動しましたが、通行料の少なさにびっくりしました。松戸から市川まで普段なら45分程度かかるのですが、おとといは30分もかからないで着きました。昨日は松戸市内の通行料は普段の日曜日の半分程度だったと思います。今日も朝の通行料は通常の半分くらいでした。全てガソリン高騰の影響だと思います。土日は自家用車の利用が少なくなったのだと感じていましたが、平日の今日も通行料が少ないということは、営業車も必要最低限しか車を使わなくなったことを意味しています。経済活動が全般に鈍くなっているのは確かで、これから本格的な景気後退期が訪れるのではないかと不安です。

ファイル 131-3.jpg ファイル 131-4.jpg
岡田克也・副代表を招いての拡大市民フォーラム

ファイル 131-1.jpg ファイル 131-2.jpg
街宣(左)と松戸駅西口デッキでの署名活動
演説の動画(松戸駅西口デッキ上)はこちら(約1分)

ファイル 131-5.jpg
八柱駅での朝立ち

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー