記事一覧

問責は空振りか

6月13日(金)
 今日、民主党本部で公認候補を集めた集会が開かれます。国会が事実上、終わりましたので、夏の間、全候補者が選挙体制で突っ走れば、自民党も走らざるを得なくなるという作戦のようです。
 問責決議案を可決したものの、やはり出し時期を誤ったため、いまのところマスコミも含めて、ほとんど無視された状態です。このままでは参議院の存在すら否定されかねません。問責を可決してそのまま閉会では、いくらなんでも策がなさすぎます。二の矢、三の矢を準備しておかなかったのでしょうか。
 焦点は少し早いのですが、8月末にも開かれる予定の臨時国会をどうするかという点です。問責を可決した総理の下で審議に参加するのか、審議拒否をするなら、その先どう戦いを展開していくのか、よほどいまから考えて臨まないといけないと思います。なにしろ、相手はただひたすら、身を縮めて、時間が過ぎるのを待つという作戦ですから、そこを打ち破っていく秘策を、こちらも知恵を絞って考えなければなりません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー