記事一覧

また起こってしまった酷い事件

6月10日(火)
 また日曜日にとんでもない事件が起きました。前途ある若者や休日を楽しんでいた人たちが全く理不尽な凶行によって命を落とす、こんなことがあっていいはずがありません。被害にあった人たちや家族のことを思うと心が痛みます。
 犯人はまるでドラマの出演者のように自分の携帯から誰に当ててか知りませんが、凶行の準備から実行状況を打ち込んでいました。「ワイドショーを独占する」こんな書き込みもあったそうです。
 こうした歪んだ性格がどのように作られてきたのか、次の凶行を防ぐためにも徹底的に分析をしなければなりませんが、それにしても、こんな男に家族を殺されたのではたまったものではありません。怒りを通り越して、むなしさを感じます。
 とりあえず、人を簡単に殺せる刃物が、誰にでも手軽に手に入る状態を何とかしなければなりません。銃刀法という規制があっても、それにひっかからないのであれば、法改正をして規制を強化しなければなりません。
 犯人が派遣労働者ということで、原因を派遣や格差に結びつける向きがあります。確かに、不安定な状況に置かれていたことが、犯罪の一因であったかもしれませんが、やはり、個人の問題のほうが大きいような気がします。不安定な労働条件に置かれている人はたくさんいます。それらの人が犯罪予備軍などと呼ばれれば、新たな差別を生んでしまうことになります。
 この犯罪も、ちょっと前の常磐線・荒川沖駅で起こった大量殺人事件に触発された面があります。ということは、また、これに類似する事件が起こる可能性が高いということです。何としても第二第三の大量無差別殺人事件を防がなければなりません。
 どうすればいいのか。犯意を持っている人間がいる以上、100%防ぐのは不可能です。自己防衛といっても限界があります。人ごみを出歩かないといっても、都会で生活をしている限り、人ごみはつきものですから、どうしようもありません。迂遠のようですが、住みやすい、思いやりのある社会にするように努力するしかないのかもしれません。遠い道のりです。
 6月6日に私の義父が亡くなりました。9日に葬儀を済ませました。生前のご厚情に感謝を申し上げます。また、9日には私のパーティを行いました。こちらもご協力を頂いた方に感謝申し上げます。ありがとうございました。
ファイル 128-1.jpg ファイル 128-2.jpg
ファイル 128-3.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー