記事一覧

世論は解散総選挙を求めている

5月26日(月)
 琴欧州優勝おめでとう。相撲をいつも熱心に見るわけではありませんが、地元の力士が優勝するのはうれしいものです。是非、来場所も優勝して横綱になってほしいと思います。松戸には稀勢の里がいる鳴戸部屋もあります。二つの大きな相撲部屋があるのですから、松戸市主催の全世界少年相撲大会などを開催して、相撲の都市として売り出したらどうでしょうか。全世界から相撲をめざす人がやってくるようになれば、町興しにもなります。お金がかかりますが、市民のみなさんがボランティアで協力してくれれば不可能ではないと私は考えますが・・・
 さて、今日の日経新聞の世論調査によれば、依然として民主党の支持率は自民党の支持率を上回っています。民主36%に対し自民は31%しかありません。福田内閣の支持率は24%で前回より多少上がりました。
 私が前から主張しているように、ねじれを解消するには「解散」しかないという意見が国民の間でも強くなってきました。この調査によると、ねじれを解消するには解散総選挙をするべきだという意見が37%でトップ、野党との政策協議(25%)や政界再編(15%)を上回りました。
 また、総選挙の時期については7月のサミット後が最多で24%、次いで年内(23%)、出来るだけ早くも18%ありました。つまり、64%もの人がなるべく早く解散をするべきだと考えているということです。さらに、これも私が求めていた問責決議案についても「提出すべき」が45%で「提出すべきでない」の33%を上回りました。
 こうした国民の声に民主党はしっかりと応えるべきです。そうしないと、支持率は再び自民と逆転してしまいます。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー