記事一覧

大災害に思う

5月16日(金)
 ミャンマーで台風の大被害がでたと思ったら、今度は中国で大地震が起こりました。どちらも被災者が数百万から一千万人と極めて深刻な被害を及ぼしています。
 ミャンマーの軍事政権は外国からの援助を拒んでいます。報道陣も自由に取材することができませんから、被害の実態すら明確になっていません。軍事政権は政権の実態を見られるのを恐れて、援助を拒み国民を犠牲にしています。本当に許せないことです。国連を中心に強制的にでも援助をし、二次、三次の被害を防がなければなりません。
 中国の重慶は私も二度ほど言ったことがあります。重慶は中心部に超高層ビルが建ち並ぶ3000万の巨大都市ですが、市街地を離れると一転して田園地帯となります。重慶と成都の中間に大足石刻という仏教の遺跡があり、そこに3時間ほどかけて行ったことがあります。バスで行きましたが殆どが未舗装の道で、街を歩く人の中には裸足の人も多く見かけ、貧しい地域という印象を強く受けた覚えがあります。
 おそらくそうした地域が今度の大地震で大きな被害を受けたものと思われます。民家は日干し煉瓦で造られたものが多く、地震がくればたちどころに崩壊してしまいます。今度の地震では学校が崩壊したと報じられていますが、おそらく耐震構造には全くなっていなかったものと思われます。せめて学校だけでも耐震構造にしていればと悔やまれます。
 中国政府も当初、海外からの援助を断っていました。ようやく昨日になって日本からの援助を受け入れましたが、もっと早く受け入れを表明してほしかったと思います。せっかく、救助隊がいっても生存率が高い72時間以内を過ぎてから行ったのでは、大きな成果は期待できません。残念です。
 災害のときは人命を第一に考えて、どこの国の援助も受け入れるという国際ルールを作るべきです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー