記事一覧

匿名という卑劣

4月17日(木)
 学校の裏サイトが3万8千件以上もあると報道されていました。そこには「ウザイ」とか「死ね」とか、「殺す」といった聞くに耐えないような同級生に対する誹謗中傷が書き込まれているそうです。
 いじめの一種といえるのでしょうが、学校内でのいじめはまだ目に見える機会がありますが、ネット上では誰が誰に対してやっているのか全くわかりません。裏サイトの標的にされた生徒は、誰が書いたのか分からず、人間不信に陥ってしまいます。卑劣というしかありません。
 私はかねてから、ネットの書き込みについて心配していました。まず、自分で文責を明らかにしない匿名性が、ネット内での言葉の暴力につながっています。面と向かっては何も言えない人が、ネット上では大胆になって、勝手なことを書き連ねる、怖いことです。
 2チャンネルというのがありますが、そこで私も取り上げられたことがあるそうです。一つ悪口が書かれると連鎖して、誹謗中傷の嵐となる、実際に見ていたらさぞ落ち込んでいただろうと思います。私の場合は半ば公人ですから、そうした書き込みをされてもある程度覚悟ができていますが、これが小学生や中学生などの子どもであったらとても耐えられるものではありません。
 ネットはまだ普及して10年もたっていません。ネットを使った新しい商売ができたり、ネット上で簡単に世界中の人とコミュニケーションができるなど、いい点もたくさんありますし、これを使いきれないようでは現代を乗り切っていくことはできません。
 最初から規制の網を掛けてしまえば、せっかくの可能性を摘んでしまうことにもなります。だから規制には慎重でなければならないと思っています。しかし、子どもは守らなければいけません。裏サイトを発見したらすぐに削除するなどの方法がありますが、すぐに別の場所にできてしまい、追いかけっこになってしまいます。
 新聞でも匿名で投書がのることがありますが、それは実名を出すと、その人の人権に関わる恐れがあるからです。もちろん新聞社には実名が分かっているから、掲載をするということになります。ネットも実際に出るのは匿名でもいいですが、実名を必ず把握できるようにすれば、この種の誹謗中傷をかなり減らすことができると思います。
 匿名の裏に隠れて人を誹謗中傷する、これはもう立派な犯罪だと私は思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー