記事一覧

困ったNHKと高齢者医療制度

4月15日(火)
 昨日のNHKニュースで福田内閣の支持率が出ていました。新聞や民放に比べると支持率は高く、不支持率は低くでています。折れ線グラフも20~60までを取れば急激に支持率が下がっているのが分かるのですが、NHKの場合はメモリを0からとってあり、非常に緩やかに下がっているように“工夫”してありました。
 また、質問の仕方も巧妙でした。ガソリン代が25円下がったことについてどう思うか、という問いを発すれば、当然、よかったという返事が返ってきます。しかし、わざわざ暫定税率を元に戻すべきかと聞かれれば、それはそうだとなります。また、道路特定財源の問題も地方の財政に絡めて質問すれば、やはりそれは何とか確保しなければいけないという答えになります。誘導とまでは言いませんが、フェアではないと思います。
 唯一良かったのは、福田総理の問責決議案が可決された場合、解散総選挙をするべきだと答えた人が50%を越えたことです。これで5月解散が現実のものになりそうです。
 4月から後期高齢者医療制度がスタートし、今日から年金から直接保険料が天引きされるようになりました。行方不明の年金が解決しないうち、すなわち当然もらう権利がある年金が手元に入っていないうちに、保険料を天引きするというのは国家による詐欺に等しい行為だと思います。
 また、お年寄りを後期と前期に分けるのもけしからん話です。政府はこれまでと何ら変わらないといっていますが、変わらないのなら前期と後期に分ける必要はありません。当面、直接被害をうけるのは現在息子や娘の扶養家族になっており、保険料を支払わなくてもよかった人が、これからは自分で保険料を支払わなければならなくなります。
 しかし、これから高齢者にとって不利となる事柄が次から次へと起こってくることは確かです。なぜなら政府が後期高齢者を分ける目的はたった一つ、医療費の削減です。高齢者は医者にかかる率が高いので、それを低くして医療費を抑えようということです。最初は掛かりつけの医者を決めて治療費を月額6000円以内に収めるという限定医療を目標としていますが、将来的には後期高齢者の治療点数を低くして、医者が高齢者を診たくても診れないようにしようという意図がはっきりと見えます。
 本来、高齢者の医療費は無料が原則です。それを、できるだけ医者にかかりづらい制度を作ろうというのですから、訳が分かりません。年寄りを大事にしない社会は滅びます。何としても後期高齢者医療制度を廃止しなければなりません。

13日の街宣
市川駅→本八幡駅→常盤平駅→八柱駅→松戸駅西口→伊勢丹松戸店→松戸駅東口デッキ
ファイル 107-1.jpg ファイル 107-2.jpg
ファイル 107-3.jpg ファイル 107-4.jpg
ファイル 107-5.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー