記事一覧

情けない党首討論

4月11日(金)
 水曜日の党首討論、みなさんはどんな感想を持ちましたか。党首討論は当面する課題について、総理がどうそれを克服し、どんな政権運営をこれからしていきたいのかということについて、野党の党首が質問をするというのが趣旨です。
 しかし、水曜日の討論は福田総理が小沢代表に逆に質問をするばかりで、総理がこの難局をどう乗り越えようとしているのか、という肝心の点については、ついに一言もありませんでした。参議院の少数の中で何も決められないと泣き言をいい、本当に涙まで浮かべられてしまうと、情けないというか何と言うか、もう追及する気も薄れてしまいます。
 どの世論調査を見ても、支持率は下がる一方、党内からも見放されている、これでは福田政権が持つはずがありません。
 それでも福田総理は道路特定財源を来年度から一般財源化すると大見得を切ってみせました。本当にそれが実現できるなら、それにこしたことはありませんが、道路特定財源に全て充てることになっている暫定税率を復活させるのでは、明らかに矛盾します。暫定税率を一年だけ延長させてくれとお願いし、かつ道路特定財源特例法をきちんと改正して一般財源化すると約束するのであれば、修正協議に応じてもいいのですが、単なる口約束ではこれまでの自民党を見ていればとても乗れる話ではありません。
 ところでチベット問題でオリンピックの聖火が揺れています。ヨーロッパでもアメリカでも聖火を巡って大混乱が起こっています。チベットで本当に何が起こったのか、また現在何が起こりつつあるのか、あまりに情報が少なく、判断のしようがありません。しかし、中国が自由に取材を許可していない以上、中国政府にとって都合の悪い事態が起こっているか、起こったことは間違いありません。
 このままいくとモスクワ五輪の二の舞で北京五輪にたくさんのボイコット国がでるというようなことにもなりかねません。大事なことはマスコミにきちっと取材をさせることです。その中できちんと国際世論の批判を受け、それに基づいて改善策を打ち出す、それが中国政府がいまやるべきことです。ただ手を拱いていれば、混乱はますばかりです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー