記事一覧

米国総領事の不快な発言

4月4日(金)
 今日から租税特別措置法改正案についての論議が参議院で始まりました。福田総理の「来年度から道路特定財源を一般財源にする」という発言を、自民党全体としての方針として確認させなければなりません。これまでも総理が代わるたびに前任者の発言を、「それは前任者の発言」と平然と無視してきた政党ですから、油断はなりません。
 自民党は今月29日以降に衆議院で再議決してガソリン代を元に戻そうとたくらんでいますが、そんなことをしたら景気に悪影響を与えます。なんとしても世論の力で政府自民党に、そんなバカなことをさせないようにしなければいけません。民主党もはっきりと、再議決の動きがあったらすかさず福田総理の問責決議をするということを宣言しておくべきです。
 横須賀で殺人を犯した米兵が逮捕されました。日米地位協定によって米兵は守られており、今回も、米側の“配慮”によって日本側に身柄が渡されたということです。今回は米兵が殺人を認めていたから逮捕までいきましたが、もし、米兵が犯行を認めていなかったら身柄を確保することができず、事件の真相が解明されなかった可能性もあります。日本で犯した犯行については、日本の意思でいつでもきちんと捜査、逮捕ができるように日米地位協定を改定しなければなりません。
 ところで地位協定に関して、沖縄の米国総領事が「地位協定を政争の具にしようとしている」と改定の動きを批判しました。また、「日本を守りに来ている米兵に対し、外国人登録を課すとはとんでもない」という発言もしました。日本人少女に暴行したり殺人をしたりしている事件に関連した発言で、あたかも日本を守ってやっているんだから多少のことは我慢しろ的な発言に強い不快感を覚えます。
 地位協定も思いやり予算も含め、日本にある米軍基地全体のあり方を抜本的に論議しなければいけない時期にきていると私は思います。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー