記事一覧

福田内閣は危険水域に入った

3月24日(月)
 福田内閣誕生半年を経て、新聞、テレビが一斉に内閣支持率の世論調査結果を発表しました。それを見ると、おおむね福田内閣の支持率は30%を切り、不支持率が60%近くになっていました。内閣としての危険水域に入ったといえます。このまま予算関連法案を成立させることができなければ、解散あるいは内閣総辞職で局面を打開するしか方法はなくなってきます。
 どうしてこれほど、支持率が低いのか。その理由の第一は福田総理自身が何をめざしているのか、さっぱり見えてこないことにあります。官僚に任せっきりで、自分では動かない、何があってもまるで人ごとのような態度に国民は愛想をつかしています。
 第二には安倍内閣もそうでしたが、国民の信を得ていないことがあげられます。総理大臣は自分で選挙を行って勝利をして、初めて、自分の意思を押し通すことができます。引継ぎ内閣では自信をもって政権の運営に当たれません。福田さんも本当にやりたいことがあるのなら、思い切って選挙を行うしかありません。
 マスコミも選挙をやれば自民党が負けるに決まっているからと、解散に何とか持っていかないように解散という文字を使わないようにしているようです。しかし、前にも指摘したように選挙は時の政権のためにするものではありません。この閉塞感を打破するためには解散総選挙するしか方法はありません。
 心機一転、人身一新して経済や外交を立て直さないと、日本はまた、バブル崩壊以降の空白の十年を再び繰り返すことになりかねません。世論が解散に向けて盛り上がってくることに期待します。

ファイル 101-1.jpg昨日行った市民フォーラム

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー