記事一覧

選挙は自民党のためにするものではありません

2月28日(木)
 石破防衛大臣は当直の航海長から事故当日午前中に事情聴取をしておきながら、これまで、その事実を一切公表してこなかったことが明らかになりました。石破大臣は事情聴取で事故の状況をしっかりと知っていたにもかかわらず、衝突時間を含めて、その後も国会やマスコミに対していい加減な答弁を続けてきたことは、国民に対する背信であり、この大臣の下で真相解明を期待するのは無理です。したがって、石破大臣は即座に辞めるしかありません。
 真相を解明してから辞めるべきだという声がありますが、いわば海上自衛隊の幹部と一体となって真相隠しをしてきた当事者に、真相解明を期待するのはおかしな話です。更迭して他の人間がやるしかありません。
 今日の新聞で、自民党の与謝野さんが「自民党は支持率が低いから、いまは選挙をやるべきではない」という発言をしたと出ていました。これまでにも他の自民党議員から同じような発言をしたということが新聞に出ていたことがあります。こんな発言自体記事にするのがおかしいのですが、この伝でいくと、選挙は自民党のためにあるということになってしまいます。それをマスコミも認めているかのようです。
 言うまでもありませんが、選挙は国民のためにあるのであり、自民党の支持率が低かろうが、国民が望むときにしなければなりません。
 英国のエコノミスト誌に、日本をダメにしているのは政治家だという記事がでたそうです。そしてこの状況を打破するには総選挙しかないという結論に達したそうです。仮に、そこで混乱が起きたとしても、現状よりはましだと、エコノミスト誌は述べています。
 何もする気がない、何が起こっても、まるで人ごとの福田総理では、状況は悪くなる一方です。本当に、選挙でこの状況を脱するしか方法はありません。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー