記事一覧

47万松戸市の予算より高いイージス艦、おかしくありませんか

2月26日(火)
 土曜日には市川、松戸両市で街頭演説を行ってきました。午後から突風、“突雨”に見舞われましたが、最後の松戸駅頭まで辿り着きました。久しぶりの街頭でしたが、途中、たくさん声をかけて頂きました。

ファイル 93-1.jpg

 日曜日には事務所でフォーラムを開きました。強い風と寒さの中でしたが、多くの方に参加して頂きました。市議会の報告も受けました。毎回毎回報告を受けていると、市議会のことにも詳しくなります。松戸市の予算が1164億円、イージス艦の値段が1500億円、47万市民の行政サービス費よりも高いイージス艦を何艘も買うということが、果たして適当なのかどうか大いに疑問が湧きます。

ファイル 93-2.jpg ファイル 93-3.jpg

 今日は松戸駅東口で早朝の駅立ちをしました。ここでも依然として反応はいいままです。各種世論調査を見ても、福田内閣の支持率は下がる一方、片や民主党の支持率は全体的にみれば上昇傾向にあります。何とか選挙に持ち込むことができれば、政権交代ができる可能性が高いのですが、なかなか決定的な手段がないようです。

ファイル 93-4.jpg

 自民党は道路予算を巡って修正など様々な癖球を投げてくるはずです。冷静に対応して揚げ足をとられないようにしなければなりません。暫定税率をゼロにする、道路特定財源をまるごと一般財源化するという原則を曲げずに頑張ってほしいものです。
 イージス艦の衝突事件は全く真相解明が進んでいません。ようやく今日になって艦長の氏名が明らかになりましたが、まだ、会見など行われていません。一刻も早く艦長自身の口から事実を明らかにしてほしいと思います。
 この事件をかすませるような逮捕事件がサイパン島から飛び込んできました。かなり昔になりますが、疑惑の銃弾事件というのがありました。その時犯人として逮捕され、後に殺人事件としては無罪が最高裁で確定した三浦和義がサイパンで突然逮捕されました。米国には重大事件については時効がないところもあり、三浦容疑者は殺人容疑で逮捕されたとのことです。
 町村官房長官はこのことについて米国から捜査協力の以来があれば、断る理由はないと発言しています。三浦容疑者が無罪になったのを快く思っていない人もいるかもしれません。しかし、個々人の感情論と裁判は別です。日米が協力して捜査をし、その結果日本の最高裁判所が無罪判決をしている事実は重いものがあります。
 政府は自国民を守るというのが最大の使命です。したがって、米国政府に対して、日本の最高裁判決を覆すほどの証拠があるのかどうか、最低でも聞くべきです。日本の裁判を真っ向から否定することにもつながるだけに、米国がやったことだから仕方がないという、いつもの態度で終始するべきではありません。日本政府が納得できるような証拠が示されなければ、自国民を守るという立場から身柄の返還を要求するべきです。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー