記事一覧

イージス艦などいらない

2月20日(水)
 昨日未明、イージス艦が千葉県の漁船に衝突し、親子二人が行方不明になっています。最新のレーダーを搭載したイージス艦が漁船を見つけられないわけはありません。また、10人もの見張りがいたという話ですが、一体どこを見ていたのでしょうか。僚船の話では速やかに救助体制がとられていなかったとも報じられています。
 このイージス艦は米国以外では日本だけが持っているものです。一隻の値段が1500億円もします。全てが米国のシステムで運営されており、もっとも肝心な点は米国でなければ分析できないことになっています。つまり、自分たちで不具合があって直そうとしてもブラックボックスで直せないという代物です。
 だから訓練も米国と一緒でなければならず、今回もハワイにまで出かけていたという事でしょう。もっと安くて日本だけで運用可能な艦隊というのがあるはずです。この際、本当に日本にイージス艦が必要なのかどうかを検討するべきではないでしょうか。
 それにしても守屋前事務次官の事件以来不祥事続きの自衛隊です。組織全体にガタがきているのではないでしょうか。たいした議論もなしに、防衛庁を防衛省にしてしまったツケがきているような気がしてなりません。独立した省になった途端におかしくなったのであれば、もう一度庁に戻すということも選択肢にあっていいと思います。
 この衝突事件に関しては防衛大臣や総理大臣への報告が遅れたことが話題になっています。ハワイ沖でえひめ丸が米国の潜水艦に沈められた事件が思い出されます。この時は報告を聞いた当時の森総理が、そのままゴルフを続けたことが批判されました。
 私は予算委員会で、当時、首相官邸の留守番役をしていた安倍官房副長官が、報告を聞いてから4時間も官邸に駆けつけなかったことを追及しました。何時間も遅れたのは長い食事でもしていたのかという私の質問に対して、安倍さんはついに答えることができませんでした。今回は自衛隊側が批判されていますが、前回は政治家の側が批判されました。
 こういう問題が起こると、すぐにこの国の危機管理はなっていないという話になりがちですが、それ以前に、当事者に当事者意識がないことが最大の問題点なのではないでしょうか。

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー