記事一覧

10年目を迎えた民主党、もう準備期間は終わりだ

2月18日(月)
 昨日は千葉県連の定期大会がありました。10年前に民主党千葉を立ち上げたときに開いた大会の時にはほんの少数のメンバーだけだったですが、昨日はたくさんの党員、サポーターの方が参加してくれました。最初からいたメンバーはいまや私と黒河千葉連合会長、吉峯弁護士だけになってしまいました。隔世の感があります。
 10年の節目を迎えたのですから、次の目標は政権交代しかありません。今日の新聞を見ても福田内閣の支持率低下には歯止めがかかっていません。何をしたいのかが見えない内閣ですから支持率が上がらないのも当たり前です。サミットで何か主張したいというわけでもないのに、ただサミットに出たいといっても、これでは子供が駄々をこねているのと一緒です。
 そんな内閣で、日本の経済は悪くなる一方です。それでも政府の発表では昨年の10~12月にかけてのGDPは大幅に成長したそうです。経済成長を実感できた国民は一体何人いたでしょうか。こんなに国民の実感とかけ離れた経済統計に意味があるのでしょうか。税金を使って統計を発表するなら、もっと意味のある経済統計数値を発表するべきです。
 この閉塞感を打破するには政権交代しかないはずですが、肝心の民主党が残念ながらしっかりしていません。小沢代表が何を考えているのか福田内閣と同様になかなか見えてこなくなりました。先日、政治部の記者数人と話をしましたが、やはり、あの大連立の後遺症が大きいといいます。邪道で政権を目指したのでは、せっかく政権をとったとしても成果をあげることはできません。
 早く、大連立の呪縛から逃れて、小沢さんに立ちなおってほしいものです。代表が前面に出て、強いメッセージを発し続けることが大事です。選挙を遅らせれば遅らせるほど、政権交代が遅れることを民主党は自覚しなければなりません。

ファイル 90-1.jpg ファイル 90-2.jpg

ファイル 90-3.jpg

Links:超スーパーコピー時計,タグホイヤー スーパーコピー,ウブロコピー